カードローンを組む時に気になるのは金利の高さでしょう

カードローンを組んでみて、気がかりになる事といえば、会社が設定した金利の割合です。テレビCMを見ると分かるようにカードローン会社の宣伝は一つではありませんよね。 そして、そこに表示されている金利は、各社がそれぞれ異なった金利が表示していますよね。 金利の割合が高いということは、返済時に高い利息を払う必要もあるのです。ですので、金利を比較した上で、ローンを組むというのがおススメです。お金を貸すと、頭を悩ませることになるかもしれません。 名前を借りることだけでも避けるべきです。 カードローンの会社を利用する時に、年収証明書類を提出するように言われることがあります。たとえ提出したとしても年収の三分の一までしか貸すことができないと言われるのです。そうなれば、抜け道として考えつくのが自分じゃなくって、他人名義でのキャッシングです。 でも、名前を借りるのもお金を借りた場合と同じような事ですから、止めておいた方がいいでしょう・・・・。 カードローンに限った話ではないのですが、お金を借りる場合、貸す側にとって一番大切なことと言えば、借りる側が返済出来るかどうかです。ですから、今後、住宅ローンの審査を受けるにあたって、カードローンを組んでいる状態ですと、実際に住宅ローンを返していけるのか、経済的な能力はあるのか、といった不確定要素から良い評価にはならないでしょう・・・・。

こちら
横浜銀行のカードローン審査に通るためのコツをご紹介します!
横浜銀行カードローンは金利が低いので評判がいいローンです
www.cardloan-ykhm.com/